ニュース

ニュース

地黄湿地の植生と水生昆虫の多様性 論文紹介

2020年08月06日

地黄湿地で2006年以降確認がされなくなった日本一小さいトンボ、ハッチョウトンボが戻ってきました。これまで多くの皆さまのご支援・ご協力で、保全活動が継続されてきたおかげです。また保全活動を行っていく上で、動植物の調査は重要な基礎情報です。1997年に保全活動がスタートした当時の湿地の様子を知ることができる論文(大阪府立大学 応用昆虫学研究室(現 環境動物昆虫学研究グループ)2000年発表)を以下のページに紹介しています。
http://www.ogtrust.jp/project/chiou.html