活動報告ブログ

活動報告ブログ

森人塾 第4回講座

2017年08月29日

8月20日は、なんばの会場にて、森人塾の座学講座がありました。
講師は、兵庫県立大学の名誉教授 服部保先生です。

先生の講義の前には、大阪森林インストラクター会による、「ひとことカード」の解説。

前回、7/29日に受講生は、兵庫県の丸山湿原と、大阪府能勢町の地黄湿地に行きました。
その時の感想や質問などを、この講座で解説していきます。

「暑いから、朝ためらったが、来てよかった」なんて意見も。。。。
確かに、真夏の時期、躊躇してしまいますよね(^_^;
でも、やっぱり湿地に咲いているサギソウを見たら、暑くっても来てよかった!!ってなるんです。


さて、お待ちかねの服部先生の講義。
20170820moribito01.jpg
湿原にの成り立ちについて、兵庫県の湿原について、再生のご経験を踏まえた解説がありました。

そして、地黄湿地についても、数年前に地黄湿地を見た際の荒れ具合や、再生のためにどういったことをやったか等、詳しく説明がありました。

講義のあとは、先生を中心に質問の時間がたっぷり設けられました。

湿地のお話以外にも、子どもたちへの環境教育などに関する質問などもあり、兵庫県で自然学校の校長もつとめられている服部先生は、兵庫県の取組みについてもお話になられました。




次回の森人塾は、里山探索、「キノコ」です!楽しみです。



コメントを投稿