活動報告ブログ

活動報告ブログ

6/18 三草山ゼフィルス観察会

2017年06月24日

6/18は、ゼフィルスの森の観察会でした。

昨年度、森人塾の座学コースを受講されたK.Mさんより、感想メールを写真とともにいただきましたのでご紹介させていただきます♪


*・゜゜・*:.。..。.:*・*:゜・*:.。. .。.:*・゜゜・**・゜゜・*:.。..。.:*・*:゜・*:.。. .。.:*・゜゜・**・゜゜・*:.。..。.:

ゼフィルスの森で初めてチョウを見ました。

きれいに下草を刈った森の中でした。

竹内先生の9mもある長い竿の先の網で、見事にチョウを採集される姿は、まるで職人の世界。印象的で素晴らしい。

先生は子供たちにも優しそうに語られて好感がわきました。

最初にゲットしたヒロオビミドリシジミでした。きれいなチョウでした。

女の子が熱心に走り回りチョウを取っている。こんな子たちがまだ日本にいることに安心します。
170618mikusayama01.jpg


170618mikusayama02.jpg
ウラナミアカシジミは虎キチでしょうか?


クーラーボックスから取り出したPET容器の中にいたヒロオビミドリシジミが、太陽の光に少しの間、羽を広げました。
モルホチョウのような羽の色に感動しました。日本にもこんなにきれいなチョウがいることに驚かされました。

170618mikusayama03.jpg

最後に取ったチョウをみんなが見ている中で、子供に放チョウさせたのは良かったです。

自然を愛す人が増えます。


楽しいゼフィルスの森でした。

ありがとうございました。

*・゜゜・*:.。..。.:*・*:゜・*:.。. .。.:*・゜゜・**・゜゜・*:.。..。.:*・*:゜・*:.。. .。.:*・゜゜・**・゜゜・*:.。..。.:

実際に見ると「森の妖精」と言われるのがわかりますよね♪
梅雨の晴れ間、しかも高いところを翔ぶヒロオビミドリシジミは、観察会でないとなかなか実物を観るのは難しいです。
是非、興味をもたれたかたは、次回の観察会にご参加ください。(来年ですが...(^_^; )



※一時的にクーラボックスに入れるのは、♂のヒロオビミドリシジミ翅表の青みを帯びた緑色を観せてもらうために、蝶が「ちょっと寒いな...日光浴しよう...」と翅を広げてくれる姿を観るためです。

注)大阪府自然環境保全条例にもとづき、緑地環境保全地域に指定され、動植物の採集が禁止されています。
観察会の為、特別に採取し観察を行いました。





コメントを投稿